IT、ガジェットのことを中心に書いている大学生のブログ

ミル機能つきも!1万円以下で買える・・・

コーヒー好きなら一家に一台は欲しいコーヒーメーカー。しかし、コーヒーメーカーとい …

初心者でも美しいサイト・ブログを制・・・

世界中で公開されているWordPressのテーマはたくさんありますが、日本語のテ …

徹底比較!ペパボWiMAXよりGM・・・

WiMAXのサービスを提供している会社が多すぎてどこがいいのか全く分からないなら …

リュックならTHE NORTH F・・・

普段大学生をしている僕はパソコンや教科書などいろいろと持ち歩くものが多く、物がた …

Writer


この記事にイイね

シェア数:3

読めば明日の糧になる本!大学生がおすすめするビジネス書5選

,

      2016/02/06

スポンサーリンク

book_maple僕は大学生ですが、本を読む方かと言われると読む方ではありません。

しかし、高校生の頃から読む本と言えば決まってビジネス書や啓発書と呼ばれるものが圧倒的に多かったんですよ。

そういうわけで、これまでに読んだ本で本当によかったと思えたものを皆さんにもおすすめしてみたいと思っています。

ビジネス書は読んだことがすぐに実生活で役立って楽しいのでぜひこれを機に読んでみてもらいたいです!

スポンサーリンク

①「無料」の理由を知ることができる本

なぜ、一番人気のあるコンテンツを有料にしてはいけないのか?
なぜ、ビット経済では95パーセントをタダにしてもビジネスが可能なのか?

あなたがどの業界にいようとも、〈無料〉との競争が待っている。
それは可能性の問題ではなく、時間の問題だ。
そのときあなたは、創造的にも破壊的にもなり得る
このフリーという過激な価格を味方につけることができるだろうか?

今やWebサービスやスマホアプリなどのエンターテイメントは多くが無料で楽しむことができますね。

それってなぜなんでしょう?

若い人にとっては「無料」のサービスというのは当たり前になりつつありますが、それより年代が上の人の中には「無料」がうさん臭く感じる人も多いと思います。

今はいろんなやり方で無料化しようという動きが盛んですし、そのノウハウを知っておくことはビジネスでも多く役立つと思うのでこの本を読んでみてください。

 

②ニッチなものの大切さがわかる本

ニッチ商品の集積が、メガヒットの収益を凌駕する!ITの進歩によって多数の非ヒット商品の管理・宣伝コストが限りなくゼロに近づくとき、ヒット主導型ビジネスに比肩する利益がもたらされる

「ロングテール」という言葉は一度くらい耳にしたことがあるのではないでしょうか?

Long_tail

ロングテール|Wikipedia

縦軸に売上げ、横軸にタイトル数で表をつくって、表の左側が売れ筋商品、表の右に進むほど売上げが少ないということを表したグラフです。

この売り上げが少ない商品こそが、ヒット商品の売り上げを超えてしまうのです。

スーパー、コンビニ、レンタルDVDショップなどで「こんなの誰が買うの?」って思ったことがありませんか?

それはきちんと需要があって利益を生んでいるのです。

ニッチなものこそ潜在的に占める可能性が大きいのはなぜか、知りたいならこの本を読んでみることをおすすめします。

 

③スタバが好きなら読んでほしい本

スタバの店員はなぜお客様の顔をじっと見つめるのか?
スタバで働いて得られる2つの基礎力とは?
新人パートナーの自信を失わせずに育てる方法は?
どのようにチームの結束力を高めるのか?
最悪のチームをどう改善するか?
店舗の目標はどのように設定するのか? etc…

大手コーヒーチェーンのスターバックスを好きな人は多いと思いますが、なぜスタバってこんなにも日本で愛されているのでしょう?

スタバはただコーヒーを売っているわけではなく、人々の心を豊かで活力あるものにするための手段としてコーヒーを提供しているというスタンスなんですね。

僕も実際にスターバックスジャパンの本社に行って社員さんからお話を聞いてスタバの社風には惚れました。

この本を読めばもっとスタバを楽しめて好きになれると思いますよ。

 

④教育に興味があるなら読んでほしい本

教師不足になやむ途上国に、ネットやDVDを駆使して「最高の授業」を届けつづける24才の早大生、税所篤快。偏差値28の落ちこぼれだった彼は、なぜ、世界各地の教育危機を次々と救うことができたのか―?感動の社会起業戦記!

メディア等でもその活躍は以前からよく目にしていましたが、この本を読んで改めて教育について考えさせられました。

東進のビジネスモデルを参考にして、貧しい農村部からバングラデシュで最も難関なダッカ大に合格させたストーリーを描いた本です。

教育格差ってよく議論されますが、その教育格差にバングラデシュで真向から立ち向かう筆者の行動に目頭が熱くなりました

教育や発展途上国に興味、関心があるなら読むべき本だと思います。

 

⑤起業に興味のある人におすすめの本

「ほっかほっか亭」の創業者の一人でありながら、「面白いことをやりたくて」退社。たった一人で、「フレッシュネスバーガー」を創業した栗原幹雄氏が語る、独創的な仕事術。

マクドナルドやモスバーガーなどがひしめくハンバーガー業界で、店舗数を伸ばし続けるフレッシュネスバーガー創業者による仕事術が書かれた本です。

栗原氏の目の付け所や、仕事に対する姿勢は本当に参考になります!

もちろん、起業を考えていない人でも十分役に立つ内容になっていますよ。

 

本は暮らしを豊かにする

ここまであげた5冊どうでしたか?

どれか興味を持ってもらえたものがあれば嬉しいです。

ビジネス書って本当に面白いんですよ!
ロングテールの考え方は今ブログを書く上でもかなり役に立ってますし。

僕自身、まだまだ色々な本を読んでみたいと思っているので何かおすすめの本があれば教えてください!

  ,