IT、ガジェットのことを中心に書いている大学生のブログ

ミル機能つきも!1万円以下で買える・・・

コーヒー好きなら一家に一台は欲しいコーヒーメーカー。しかし、コーヒーメーカーとい …

初心者でも美しいサイト・ブログを制・・・

世界中で公開されているWordPressのテーマはたくさんありますが、日本語のテ …

徹底比較!ペパボWiMAXよりGM・・・

WiMAXのサービスを提供している会社が多すぎてどこがいいのか全く分からないなら …

リュックならTHE NORTH F・・・

普段大学生をしている僕はパソコンや教科書などいろいろと持ち歩くものが多く、物がた …

Writer


この記事にイイね

シェア数:0

CANONの単焦点レンズ「EF50mm F1.8 STM」を使ってみたのでレビューする

   

スポンサーリンク

高校2年生の時にCANONのEOS kissx5 ダブルズームレンズキットを買ってから、ずっとそのキットレンズのみを使ってきた。しかし、最近もっと面白味のある写真を撮りたいと思うようになり単焦点レンズを買うことにした。

今回、購入したCANONの「EF50mm F1.8 STM」の価格は約1万4千円ほどとレンズにしては安い方ではあるが、かなり期待を込めて買ったものなので実際に撮影した写真も交えながらレビューしていきたいと思う。

スポンサーリンク

CANONの「EF50mm F1.8 STM」を開封していく

箱の中には取り扱い説明書と保証書が入っている。レンズの取り付け方がキットレンズとは違うので、説明書を読んで正しい取り付け方は確認しておこう。

使用する前にKenkoのレンズフィルターを取り付けておいた。レンズを傷つけないための保険としても、レンズフィルターは必須だろう。

 

CANONの「EF50mm F1.8 STM」の特徴

これは単焦点レンズ全般的に言えることだが、ズームが効かないので被写体との距離調節をするときは自分自身が動くことになる。

駆動音は、従来の機種と比べると静かになったとのことで、実際に使ってみても音はあまり気にならない。AFの精度も良く、焦点が合うスピードも早く感じる。

最短撮影距離は35cmで、焦点距離は50mmだが、APS-CサイズのCMOSセンサーを搭載したEOSシリーズに装着した場合には約80mm相当となる点には注意が必要だ。

 

撮影してみると被写体の際立ちに驚き

早速、単焦点レンズをつけて何枚か撮ってみた。これらはレタッチなどはしていない。

EOS Kiss X5, ISO100, F1.8, 1/2000

EOS Kiss X5, ISO100, F1.8, 1/320

EOS Kiss X5, ISO100, F1.8, 1/60

明るくて優しい印象の写真が撮れるのも単焦点レンズの特徴。絞り羽根が先代の「EF50mm F1.8 II」では5枚だったが、7枚に増え滑らかなボケ感を出せるようになった。

フレアやゴーストは撮り方次第で出る。キットレンズではこれらはほぼ出なかったので新鮮で楽しい。

 

単焦点レンズと同時に購入したもの

レンズを購入する際に以下のものも同時に購入した。レンズフード(左)とレンズフィルター(右)だ。

レンズフードは純正のものが高かったので、安い互換品にした。しっかりレンズフードの役割を果たしてくれるなら純正のものではなくても構わないと思ったからだ。
実際に特に問題なく使えている。

なお、以下にCanonの純正のレンズフードも紹介しておく。

レンズフィルターはKenkoの「MC PROTECTOR NEO 49mm」を購入。こちらもスムーズに装着することができ、レンズフィルターとしての役目をしっかり果たしている。

 

単焦点レンズは持っておくべきレンズの一つ

今回、紹介した単焦点レンズは1万5千円以下で購入することができるので、初心者にも手を出しやすいレンズではないだろうか。もちろん、それ以上に経験のある人にも十分支持されるレンズであることは間違いないだろう。

ポートレート撮影をするのにも最適であるし、その他にも様々な用途で使えるレンズとして持っておくと便利であるだろう。初心者が撮影してもアマチュアっぽくない写真に仕上がるのも単焦点レンズのすごいところかもしれない。

私のようにキットレンズしか持っておらず、さらに写真を趣味として深めていきたい方には特に購入を検討することをおすすめする。